トコジラミ(南京虫)などの駆除:ゲストハウスキーパーは東京都23区内のゲストハウスの運営をサポートします!

トコジラミ(南京虫)などの駆除:ゲストハウスキーパー

★ トコジラミ(南京虫)の駆除の心得

トコジラミ(南京虫)との戦いさていよいよ、宿敵トコジラミ(南京虫)との対決です。敵の特徴は前回の項目で理解して頂けたかと思いますので、具体的な駆除方法を上げていきます。もしまだトコジラミ(南京虫)の生態についての項目を読まれていない方は必ず熟読の上この駆除の項目を読み始めて下さい。◆トコジラミ(南京虫)とは?◆

駆除のの全ての項目に共通するのは、”徹底的にする” 事です。どうしても、”ここまでやったらもういいかな”、とか、”そこまでする必要はないだろう”、とか。まずそんな気持ちでは駆除はできないと思って下さい。1にも2にも、”徹底的にする” です。では、具体的な方法を記述していきます。

★ トコジラミ(南京虫)を「熱」で駆除する。

トコジラミ(南京虫)は昆虫です。当然一定の温度以上になると死滅してしまいます。通常は60度以上で5分以上さらすと、死んでしまいます。これを応用して駆除の方法を以下に上げます。

● 大型バーナー

部屋全体を大型のバーナーで温めます。部屋の温度が80度近くなると、効果はあるのですが、自然発火なども考えると危険です。イギリスの業者などではやっているところがあるみたいですが。もしこの方法を選ぶなら業者に任せた方が安全です。

● スチームクリーナー

トコジラミ(南京虫)スチームクリーナーで駆除スチームクリーナーで駆除をする。このスチームクリーナーは本来、90度ぐらいの蒸気で油汚れなどを落とすものですが、トコジラミ(南京虫)にも有効です。特に薬品では殺せない卵を駆除できます。卵に蒸気があたると卵の中身が沸騰してしまい死んでしまいます。火を使うバーナーと違って100度以上になることがないので、基本どの場所でも使えますし、対象物を痛めることもありません。それと体に無害なのが特徴です。ただ、蒸気が届かない所には効果がなく、残効性も当然ありません。

● 小型バーナー

トコジラミ(南京虫)バーナーで駆除小型バーナーで隅々を焼く。よくホームセンターなどで売っている2,000円前後のバーナー(100均などで売っているカセットボンベが使える物が望ましい。専用ボンベのものだと高くつきます)を使います。トコジラミ(南京虫)を焼き尽くします。焦げ跡が付いても構わないような棚や倉庫などには良いかも知れません。

● ホットガン

トコジラミ(南京虫)をホットガンで駆除ホットガン。ドライヤーみたいなものなのでドライヤーで代用する事もできますが、ホットガンのようにノズルのオプションなどが付いていないので効果は低くなります。高温の熱風でトコジラミ(南京虫)を駆除します。これも人体に影響がないのが特徴です。ただ、どこまでやったかが分かりにくいのが難点です。他の駆除方法と併用すると効果的です。

● 布団乾燥車

トコジラミ(南京虫)をホットガンで駆除布団乾燥車。その名の通り布団を乾燥させる為の車の事です。温度が75度から110度までコントロールができる灯油での熱風循環呂下方法などがお勧めです。温度があまり上がらない物は効果がありません。布団やソファーなど乾燥車に入る大きさのものであれば有効です。一般方で乾燥車を所持している方は稀だと思いますので、業者に依頼する事になると思います。当然、乾燥車に入る物だけが対象となるので必然的に他の駆除方法と併用する事となります。

★ 殺虫剤によるトコジラミ(南京虫)の駆除

レナトップスミスリン昔はDDT(Dichloro-diphenyl-trichloroethane”ジクロロジフェニルトリクロロエタン”の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。)などを使っていました。少し前まではスミスリンレナトップなどのピレスロイド系殺虫剤が主流でしたが、最近発生している”スーパーベッドバグ”には効き目が薄いようです。これはピレスロイド系の殺虫剤を使いすぎたためトコジラミが耐性を持ったみたいです。特に海外、中でもアメリカ、カナダ、オーストラリアから持ち込まれるものは耐性をもったトコジラミ(南京虫)の確率が高く、駆除が困難になります。

● スミチオン

スミチオンそこで有効なのが商品名スミチオンフェニトロチオン又はMEP)です。何故有効なのかといいますと、アメリカなどの国では許可が出ていない薬品だからなのです。このスミチオンは金鳥や住友化学などから発売されています。特に住友化学のものは”農薬”として一般のホームセンターなどでも購入できます。ただこれはあくまでも農薬なので自己責任で行うこととなります。成分は基本的に同じで、含有量が違います。通常フェニトロチオンを10から20倍に薄めて使います。散布には霧吹きなどを使う場合が多いみたいですが、大きめの刷毛でやる方が人体に吸収される率を減らせると思います。どちらにしろマスクは業務用のものを使う事をお勧めします。気分が悪くなった時は、作業を辞めて外で休んで下さい。無理をしてはいけません。残効性も少しあり、2,3日以内に孵化したトコジラミ(南京虫)も死んでいきます。

● マイティジャガー

マイティジャガーカルバメート系の殺虫剤。これはスミチオンよりも残効性がありトコジラミ(南京虫)にも良く効きます。が、色が付いてしまいますので、部屋の内装を気になさる方にはお勧めできません。

● バルサン

バルサン01これは火をつけて煙が出るもの。2種類の煙を出して効果的に見えるが、いまいちトコジラミには効きにくい。バルサン水これは水を入れて使うもの。一番効果がある。バルサン霧バルサン。ボタンを押す噴射式のものと水を入れて使うものと火をつけて煙を出すものがあります。火をつけるものは煙が2種類出て、一つは上方にもう一つは下方に広がっていくように作られています。他のものは上方だけです。この内容だけだと火をつける方が良いように思いますが、この種類の煙ではトコジラミ(南京虫)は死滅しません。水を入れて使うもののや噴射式の方が効果があるようです。

● バポナ

バポナバポナ。ジクロルボス(DDVP)が成分に入っている殺虫剤。トコジラミ(南京虫)に対して効果があります。出来るならば一般用ではなく業務用を購入して下さい。成分含有量が違います。普通の部屋で使用する場合は人の出入りを禁止して下さい。説明書に書かれている倍以上のバポナを部屋に吊るしてドアを閉めて1週間ほど置きます。トコジラミがすでに発生している場合、カバンやザック、本、その他もろもろの物品に卵などが付いている可能性が非常に高いです、そのようなものをイナバの物置のようなものを用意して荷物を入れ1週間ほど殺菌します、ビニールにバポナと一緒に荷物を入れても構いません。薬局屋さんで購入できますが劇薬なので身分証明書などが必要で、購入証明書みたいなものを書かされます。

● トコジラミ(南京虫)ホイホイ

トコジラミホイホイゴキブリホイホイのトコジラミ(南京虫)バージョンです。正確な商品名ではありません。我々も試した事がないので効果はわかりませんが、参考のために載せておきます。駆除は出来ないと思います。

★ 無酸素によるトコジラミ(南京虫)駆除

トコジラミ(南京虫)大発生袋に入れられるものは袋に入れて中を無酸素にします。特殊なやり方ですがトコジラミ(南京虫)も生き物、酸素がなければ死んでしまいます。何よりもこの方法は人体に全く害がないことが特徴です。高価なソファーやカーテンなどの品物に有効です。10日間以上無酸素の状態にしておくのが重要です。ただ、無酸素にしたり、そのための袋を用意するのは大変です。業者に任せるのが無難でしょう。

★ 人海戦術でトコジラミ(南京虫)潰して駆除

トコジラミ(南京虫)の成長過程そんな事やってる暇は、ない。とおっしゃる方は、初めから業者に頼むのが無難です。この原始的な方法は意外に効果があり、かつトコジラミ(南京虫)の生態を体で覚えていく大事な機会となります。まず懐中電灯(LEDのもの)を用意してベッドや棚、ソファーの隅々まで調べます。まず間違いなく見つかるでしょう。見つけたら潰していきます。卵も発見できるはずです。これも手抜かりの無いよう潰していきます。指で潰してもなかなか潰れないので爪の先などで潰してしまいがちですが、嫌な臭いが付くのでカッターナイフの先や細い鉄の棒などで潰すのが良いかと思います。この作業を何日かすると、なんとなく臭いや雰囲気で、「ここにはトコジラミがいるくさいな、、、」などと感が冴えていきます。

★ ドライアイスでトコジラミを集めて駆除

トコジラミ(南京虫)と血糞トコジラミ(南京虫)は人が吐き出す二酸化炭素に反応します。その生態を利用して洗面器などの容器の周りにタオルや段ボールなどを巻き、トコジラミ(南京虫)がよじ登りやすく、かつ出れないように工夫します。この方法は残念ながらトコジラミを完全に駆除できませんが、これで虫を捕まえて「あぁ、やっぱりトコジラミか、、、」と、ひょっとしたらダニかもしれないという甘い期待を打ち砕くためには、かなり有効と言えます。以下にやり方を説明します。

● ドライアイスを使う

ドライアイスはすぐに気化しない為と温度が低くなるのを押さえる為に魔法瓶か何かに入れておくのが良いでしょう。温度が低くなるとトコジラミのの触覚のような温度センサーが感知して近寄らなくなります。上記の写真のようにペットボトルを使う場合はイースト菌を使う方法をお勧めします。

● イースト菌を使う

イースト菌を使ったCO2発生装置。イースト菌が糖を分解して発酵すると二酸化炭素を発生させる性質を利用するものです。コストが安いです。用意するもの。1、空の500ccペットボトル。2、ドライイースト5gくらい。3、ゼラチン5gくらい。4、砂糖(150g)→計量カップで200ccくらい。5、ゼリー用の水(150cc)。6、イースト菌を溶かす用の50度未満のぬるま湯(200ccくらい)。7、ペットボトルを入れる、内側がつるつるした、浅すぎない容器。8、容器の外側に貼る、つるつるしていない紙。9、※分量はアバウトでもOKです。○作り方。A,砂糖ゼリー作成。1.水を沸騰させない程度にあたためて砂糖を溶かす。2.溶けたらゼラチンを入れてかきまぜ、溶かす。3.ペットボトルに入れて、冷蔵庫で冷やす。B,容器作成。1.容器の外側につるつるしていない紙を貼る。 (二酸化炭素に釣られて虫が登ってきやすくするため)。2.ペットボトルの蓋に穴を開けておく。直径2mmくらいで良いと思います。C,発酵準備。1.ぬるま湯を用意。2.ゼリーの入ったペットボトルを冷蔵庫から出しておき常温に慣らしておく。 3.ぬるま湯にイースト菌を溶かす。4.ゼリーの入ったペットボトルに入れる(容量の8割程度で収めないと吹き出すかも)。5.穴をあけておいた蓋をしめる。しばらく待つと、シュワシュワと発酵している音が聞こえると思います。 これを床に放置して、様子をみてみましょう。

★ トコジラミ(南京虫)が好む色

トコジラミ(南京虫)は色にも好みがあります。白い紙と黒い紙を置いて比べると黒い紙の方に圧倒的に集まります。トコジラミ(南京虫)駆除に際には色にも気を使って行うとより効果的でしょう。

★ トコジラミ(南京虫)との共存の道

トコジラミ(南京虫)を駆除するだけが道ではありません。要するに噛まれなければ良い訳です。そこで東洋医学的に共存する方法をいくつかあげておきます。

● ハーブオイルでトコジラミ(南京虫)を寄せ付けない

ハーブダニ除けハーブダニ除けこの方法も有効です。特にお風呂上りに全身にマッサージしながら塗ると効果はより向上します。レモングラスなどのハーブは衛生害虫全般に有効です。体にも良く、女性などにはお勧めです。周りの人達が刺されていても全然無事な人は結構ハーブオイルを使っている場合があります。共存を選択するならば、この方法が1番かも知れません。あと、スプレー式のハーブ虫よけも有効ですが、駆除はできません。あくまでも予防対策程度です。

● トコジラミ(南京虫)返し

蚊帳これはトコジラミが羽がない特徴を生かした共存方法です。まずベッド(畳などに直接布団を敷いている場合は後で記述しています)の4つの足にガムテープなどの粘着性が高いものを二つ折りにしてぐるっと巻いておきます。つまりトコジラミ(南京虫)が登ってくる時にこれに張り付いてしまうようにしておきます。心配ならば上下二段、3段にしておきます。これでまず下からは這い上がってきません。次に天井から落ちてくるものを防ぎます。蚊帳です。そんなに高価なものではありませんので購入して下さい。この蚊帳の縁にもガムテープを縦に2つ折りにしてぐるっと貼り付けます。これでとりあえず安眠が得られます。(服などに虫が付いていないのが前提です)畳の上に直接布団を引いている場合はガムテープなどを縦に2つ折りにして漢字の「口」の字に布団の周りに余裕をもって張ります。ただ畳にトコジラミ(南京虫)がいる場合は残念ながら効果は完璧ではありません。

● ずばりテントで寝る

テント部屋の中にテントを立てます。これは簡単で確実です。家族4人程度のテントならば2万円ぐらいで購入できます。これで安眠できるならば安いものです。トコジラミ(南京虫)の被害を経験した方は今この文章を読みながら、うんうん、と首を縦に振っている事でしょう。このテントを張るというやり方はトコジラミ(南京虫)を駆除するまでにも有効ですし、家族ならばけ家族の絆が深まる事うけあい。1石2鳥なのでお勧めです。

● 

★ トコジラミ(南京虫)の駆除例

トコジラミ(南京虫)の駆除業者トコジラミ(南京虫)が発生したゲストハウスの駆除までの一例。10人ほど泊まれるドミトリー(相部屋)に発生。最初はゲストが、なんだか体が痒いと訴え、ダニと思い殺虫剤などをまいたが効果はなし。ゲストの一人が虫を捕まえてトコジラミと判明。WEBで色々と調べて試してみたが、トコジラミを全滅させることができずに相談を受ける。まず、布団を全て外に出し、他のベッドに移らないように印をつけてシーツは乾燥機に(洗濯しなくてよい。逆に洗濯すると濡れて温度が上がりにくくなるので効果が薄れる。)布団自体はブラシでの除去。部屋の中のものは全てビニール袋にバポナと入れて保管。特にザック、スーツケースは必ず入れる。事前にゲストには告知しておいて必要なものは取り出してもらう。取り出したものは人力でチェック。これを怠ると再び繁殖していく。上記の作業を行うと同時に天井裏にバルサン水タイプを設置。次に人力で棚などを細かくチェックします。ライトを必ず使い隅から隅まで調べます。ホットガンやバーナー、またはスチームクリーナーを併用しながら根気強く行います。次は殺虫剤を溶かした液を刷毛で万遍なく塗る。この時気を付けないといけないことは必ずマスクをする、気分が悪くなったら中止にする。時間を決めて休憩する、長袖、長ズボン、特にゴム手袋は必ず装着する。完全防備の服で行うなら散布機を使って撒いてもよい。殺虫剤を使用するときの概念は「四角」または「口の字」に囲いながら塗っていく。これはトコジラミ(南京虫)が羽を待たずに移動するからである。ただ天井を伝い落下して人体に到着することが多々あるが、前記のやり方で散布しておけば血を吸い終わった後は帰れなくなるので効果はある。ゲストの服なども全て乾燥機で熱消毒をする。これをトコジラミが死滅するまで繰り返す。最初の駆除作業から7日後から10日後ぐらいに2度目の駆除を行う。次は20日後ぐらいを目安に行って下さい。当然被害が発生したらその日に駆除を行います。通常3回以内の駆除作業でトコジラミを全滅することができます。検討を祈ります。

★ ゲストハウスキーパーからお手伝い。

トコジラミ(南京虫)の駆除作業に関してどうしても安く行いたい、またはシェアハウス、ゲストハウス、ドミトリーなど頻繁に害虫が発生しやすいので知識をつけておきたい方にゲストハウスキーパーはトコジラミ駆除のエキスパートを派遣できます。あくまでもアドバイスを行い人材は自前で用意するのが前提です。殺虫剤やその他の器具は購入して下さい。この方法は一度自前で駆除作業を行っておけば次回からは自分たちで出来ることと、その作業の大変さから初めから業者に頼むという選択がしやすくなることのメリットがあります。部屋の大きさベッドの数に関係なく一回の派遣に付約10,000円です。興味のある方はメールにてお問い合わせ下さい。

下記メールアドレスに以下の内容を書いてお問い合わせください。
------------------------------
・お名前
・電話番号
・メールアドレス
・問い合わせ内容
------------------------------
※携帯やスマホからメールを出した場合、こちらから返信が届かない事があります。必ず電話番号を書いてメールを送信して下さい。

mail@guesthousekeeper.guesthouse-engine.com